Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Sponsored links
さくら
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
し・・・信じられない
こんばんはー!
今日はうちの息子のことです。
正確に言うと昨日・・・ですが。

息子が公文に行っていつもは30分〜40分程度で帰ってくるのに何故か、昨日は遅い。
ちょっと見に行こうかなと思ったところに息子が帰宅。
「まま、今日はすごくむずかしかった」
なんて言いながらどうも様子が変。
耳が聞こえにくい?中に何か入っているみたいとの申請。
見せてみな!ってことで見てみたら何やら白いものが・・・・
でかいみみあかだなぁと思い、取ろうとしたら
「いたたたたた〜」
びっくりして手が止まっちゃいました。
息子に問いださすと
消しゴムが入っていると言う・・・

うそだろ〜

誰かに入れられたん?
聞いてはみたけどどうも自分で入れたようです。
今日は新しい勉強をしてどうもおもしろくなく、消しゴミで遊んでいるうちに耳に入れてしまったということかな。

ほんと信じられない。

はっきり事実を言わないのも(怒られると思ったのかな)、耳にそんなもの入れるのもありえない!
もううちの息子は宇宙人だ。

とはいえ親としては、そんなものを耳に入れたままではまずいだろう・・・しかも痛いとか言っているし、こりゃ病院で除去してもらうしかないわ〜と思い耳鼻科に駆けつけました。

病院ではかなり待たされ、除去には少し手間取り出血。外耳炎になりました。
痛いと泣く息子を見てかわいそうやら、なさけないやら。
晩御飯は作ろうと思っていたところだったので、おかずもないし(ご飯は炊いてきた)惣菜でも買って帰るか・・・・。

息子ってほんとわかんない生き物です。
posted by: tatami | 子どものこと | 22:23 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
学校&教師その2
こんばんは。
またも1週間あいてしまいました。
今日はたたみさんは腰をいわしてしました。
段ボールに入った本を持ち上げようとしたところ、ピキィ〜ンときました。
よもやこれが世間で言うところのぎっくり腰かしら???
夜になった今でもかすかに痛い・・・です。
明日、大丈夫かしらん?


さて、この前の続きです。
息子の父兄たちに招集をかけたところ過半数が集まりました。
早速皆様に現状と今後のご意見をお聞きしました。
まとめると
1.子供が精神的に不安定である。
2.休んでいる担任の先生が9月に戻って果たして学校生活が成り立つのか?またすぐに帰ったら子供たちはどうなるのだ?担任がまた代わるのか?その場合の学校の対応はどうなるのか?先生の療養の状況はどんなものか?(この時点で学校からはっきりした病名は聞かされていない。)
3.授業の遅れはどうなのか。

というぐあいにとにかく休んでいる担任に対する不安はかなり強いです。
反対にこの時点で1ヶ月近くお世話になっている非常勤の先生の信頼は高くなっています。
この非常勤の先生は確かに若くすばらしいとは言えないかも知れませんが、とにかく頑張ってくれています。
大変な時期にクラスをまかされ、まぁ試行錯誤ですががんばってます。
父兄たちもその姿に評価が高いです。

そんなこんなで話し合いの結果
1.休んでいる先生の病状をきちんと学校から説明していただきたい。
2.戻ってきてまたすぐに休むという事になったとき、学校対応はどの程度やってくれるのか?
2.非常勤に先生の年度末までの続投。
以上の3点を学校に説明会としてきっちりやっていただこうということになりました。
また学校にえらそうに言うのだから、私達の子供達にも親がきちんと学校での態度を担任との連絡でも把握して、子供達を家からも指導していくと言うことも決めました。

それでまずたたみさんは校長宛に上記の内容で説明会の実施のお願いの手紙を作りました。
クラスの父兄の署名を沿え、あらかじめ参観日にはできるかぎり参加してくださいと父兄にはお願いしておき、参観当日に父兄全員で校長室に手紙を持っていきました。
まず教頭先生が手紙を読んで顔色が変わりました。(まぁ、とーぜんですね)
次に校長先生が読んですぐにいまから説明会をしますと言うことになりました。
さすが!話が早いです。やっぱりこうゆう話は校長先生に持っていくのが一番ですね。
話し合いからこの日までPTA執行部には話をしておいた方がいいのでは?という意見もありましたが、そんなことしたら途中で止められるかもしれないし、話が変な方向に行くかもしれません。
断固として秘密に進めました。
当日手紙を見たPTAの役員からは「まぁ、やってくれたらいいよ」との言葉。
所詮人事のようです。
自分の子どものことは自分たちでなんとかせなあかんな。としみじみ思うたたみさんです。

校長先生の話では
療養中の先生の病気はやはりと言うか何と言うか「心の病」のようです。一種の登校拒否のような・・・
確かに教師って大変なお仕事ですよね。
でも選んでこの職業になったのだから責任は果たしてもらいたい。休んでいる間も給料は出ているわけだし、民間じゃありえない。
働くことの責任さえこの先生は果たせていない・・・・。
次に休んでいる先生が戻ってきた時の学校の対応については今までどうりで人員を増やすことは出来ないそうです。
これはどうしようもないので理解してほしいといわれました。
まぁ、そうなのかな・・・
校長先生はもう一度休んでいる先生に状況等を聞いて、父兄がこれだけ心配していることも伝えるのでしばらく待ってほしい。
非常勤の先生についてはなんとか担任が戻ってこない場合でも続けるようにさせてもらうが今の時点では確約は出来ない。
とにかくアクションするから待ってほしいということで説明会は終わりました。
説明会では興奮しているお母さんもいらっしゃって学校側は結構たじたじでした。
こちらからはとにかく経過を細かくお知らせくださいということと、校長先生がたよりだと(笑)しつこく言いました。

そうゆうわけで7月の終わりごろ、校長先生から連絡がありました。
療養の先生は3月末まで診断書が出たので休むそうです。
かわりに非常勤の先生が続投することになりました。

とりあえず、一段落です。
療養の先生については、いろいろ思うことろがありますが、もうとりあえず私達には関係ない話です。
たとえもう一度来年1年生の担任になったとしても。
最近の学校は1年、1年担任も変わっていくから次の年でも問題が表面化しないのではないかしら?昔は2年間持ち上がりだったような。
ほんと学校のあり方に疑問を感じますね。

息子のクラスはまだ完全に落ち着いたとはいえません。
先生も学校も頑張っているようです。
うちの息子も毎日学校について言って聞かせてます。
父兄があれだけがんばってもぎ取れたのは1年間代わらない担任だけで入学したての大事な2ヶ月はどたばたと過ぎてしまって取り戻すことは出来ない。
入学して学校と言うものがどんなものか分かる時期に不安定な学校生活だった彼らは一体どうなるのか。
そしてこの先何かあれば私達は誰に文句をいえばいいのか。

改めて、こどもは親がしっかり目を離さずに育てなきゃと思います。



posted by: tatami | 子どものこと | 20:38 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
学校&教師その1
教師のお話です。

うちの息子は小学校の1年生です。
まぁ、悪い奴です。
暴れん坊でいちびり(?)です。
わたしがのびのび育てすぎたのかもしれませんが。
その息子のクラスの担任の先生は2年目の女性の方です。
若いし経験不足を心配しましたが、1年生なんだし楽しく学校に行ってくれればいいか!と思っていました。

ところが。

5月の連休から先生が学校に来なくなりました。
どうやら診断書が出ているらしい。
でも何の診断書?

先生のお休みが1週間のはずが1ヶ月の診断書に変わった頃、父兄たちの間でも何だかおかしいと思うようになりました。
その頃には非常勤の若い先生がとりあえずクラスを担任してくれました。

私が危機を目の当たりにしたのはこの頃の参観日。
ひどいありさまで。
子供達は教室を歩き回っているし、何故か教室の墨に置かれている段ボール箱に入って遊んでいる子や机の下に入っている子など・・・・
とても学校とは思えない光景。
ちなみにうちの息子は授業中鉛筆を削り削り続けてました。(いいかげんにしろ!)

こんな状況で危機を察知したのはもちろん私だけではありません。
まぁ、しかしどうしようもなく時は流れ・・・

6月の中ごろ、休んでいた先生が復帰したようです。
が、1日で再びお休みになりました。
どうやら手に負えない子供を叱り、「頭が痛い・・・」と保健室に行きその後帰ったようです。
今度は7月末までの診断書らしいです。

・・・ちょっと、待て!
それで帰ってどうする?教師だろ!給料もらってるんじゃないのか?
しかも7月末まで休みとなると次は9月から復帰?
今度は1日で帰らないだろうな。

もう今度は父兄たち黙っていません。
実はたたみさんは今年PTAの役員でクラスのまとめ役と言うものをおおせつかってます。
電話が鳴って
「うちの子が不安定になっている」
などの声が。
まぁ、そうでしょうよね〜。

そこでクラスの父兄を集めて話し合うことにしました。
「クラスの今後のことについて。尚この件は学校とは全く関係なく参加も自由です。不安を感じている人だけ集まってください」
と父兄に回し、土曜日のある午後、集まりました。
なんと25人中19名集まりました。
これなかった6人中3人は下の子の幼稚園の行事だったのでほとんどの人が集まったわけで。
当然と言えば当然かもしれないけど、すごいな〜。


次回につづく
posted by: tatami | 子どものこと | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
卒園式
今日は息子の卒園式でした。
関西の昨日の天気は大荒れで、本日はどうかな?と心配してましたが、なんとか曇っていましたが良かったです。

うちの息子、前にも書いたかと思いますが、満3歳から幼稚園に行って、4年と11ヶ月の幼稚園生活でした。
そのうち2年と11ヶ月は同じ先生です。
この先生とは縁があったんでしょうね。
とはいっても息子は男の子であっさりしたもんで、卒園式もなんてことはないかんじです。
私のほうが、この約4年を振り返り、ほろりと何度も来てしまいました。

先生との思い出もたくさんありますが、一番印象に残っていることがあります。
まだ年少にもなっていない2月にマラソン大会がありました。
年少より少し距離を縮めていっしょに走ったのですが、息子は8位でゴールしました。
娘も私も足は遅いので、あまりにも意外でちょっとボーっとしてたんですが、先生が
「おかあさん!すごいですよ!がんばりました!ほんとすごいです!抱きしめてあげてください!」
と私よりこーふんしているんです。
何だか先生見てて、頑張ったんだな。と実感わいたな。
と懐かしく思い出しました。


あともう1つ、これも年少前の2月で満3歳のときに、インフルエンザにかかりました。
集団生活なので仕方ないのですが、熱でうわごとを言う息子を見て、やはり幼稚園に入れるには早かったかな・・・と泣きそうな思いでした。
そう思ったのもそのときが最初で最後になるほど、それ以後は大きな病気はなく、今日までこれたことはとてもうれしいことですね。


でもそれらの日のことはいつまでも心に残るでしょう。
息子がたとえ、成長して今とは全然違う姿になっても。


卒園式ってやはりジーンと来ます。
いろいろありましたが、やはり先生には感謝ですね。
約4年、ありがとうございます。

posted by: tatami | 子どものこと | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
何だか、怒ってます。
ママ友が
息子の生活発表会では台詞が一言で、3秒で舞台からいなくなった。
また、フットボールの試合でも明らかに弱いチームにされた。勝ちたいのは分かるがくやしい。
と怒っていました。
わかります。
この息子さんも保育所ですが年長です。
子供の発表なんて、劇自体の完成度なんて全くないのだから、平等に出番は作るべき!と思います。
フットボールも選手権じゃないんだから、楽しむことを優先にするべき!と思います。
そして、そんなことを親に思わせる先生はちょっとゆるせませんね。
この先生は何も悪気はないのだろうけど、もうちょっといろんなこと考えた方が良いよ。と思うのはたたみさんだけでしょうか。
とにかく、子供を預かる仕事につく人はそれなりに覚悟を決めて職業を全うしていただきたい。

でも最近はそんなものでしょうか。
ちょっと話は変わるのですが、
ウチの娘の学校の担任なんですが、2月に結婚されました。
それはおめでたいことなんですが・・・・
私に言わせると
なんで1ヶ月待てないんだろう?
あと1ヶ月で春休みなのに。
結婚することで2日間休んでました。
もちろん相手の都合もあるでしょうが授業が足りないとか言っている割には口だけかいな?
全く気楽だな。

この先生なんのですが、
ウチの娘が火曜日から扁桃腺による高熱で4日間学校を休みました。
金曜日に体操服を採りに学校に行くと、一人の生徒をしかってました。
間が悪かったかなとは思ったんですが、車に(病院帰りの)娘を待たせていたので、先生に声かけました。
先生はぼーっとした感じで「今日電話しようと思ってました」
・・・・もう4日だぞ。普通昨日に電話があってもいいんじゃないか?
普通そんなに生徒が休んでいたら気にならないのか?
と思いましたが、取り込み中みたいなのでそそくさと帰りました。
その後も連絡はありません。
ウチの学校は休みのときは近所の人に連絡帳を学校に持って行ってもらいます。
一応扁桃腺からの熱とは書きましたが。
生活が変わって大変なんだろうけど、それを父兄に勘ぐられるようじゃ・・・


娘も4月から4年生。
もうちょっとです。
posted by: tatami | 子どものこと | 14:47 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
息子の幼稚園生活
かなり放置していた更新です。
お久しぶりです。

もう3月ですね。
2月はうちの息子の幼稚園生活のイベントが目白押しで、そりゃあもう息子中心な2月でした。
子供の幼稚園時代って言うのはとてもかわいくて、小学校に入るとこのかわいさは味わえないのかと思うと力が入りますよね。
とは言ってもウチの場合は2番目の子なので、かなり手は抜いちゃってます楽しい

イベントはまず生活発表会です。
うちの息子のクラスの劇は「太陽と北風」で息子の役は北風でした。
旅人をしたかったらしいですが、ジャイケンに負けた模様ショック
北風役は8人くらいいるのですが、先生ははじめ台詞が多いところにしてくれたみたいですが、うちの息子巻き舌なのか・・・・少ない台詞の方になったみたいです。ははは。
しかし、この劇、毎年思いますが、長い。20分くらい。
子供って何言ってるかわかんなくて、内容がいまいちでねむいです。
娘のときから5年目なので、流石にもう新鮮さもなく・・・。
でも一生懸命なのはほほえましかったです。
最後の仕上げの発表会ですものね。
うちの息子は4年幼稚園に行きましたが、毎年この発表会では成長を目の当たりに出来て、年長の今年は言うことなく楽しんで参加できたな、とうれしいです。

次のイベントはマラソン大会なのですが。
実はうちの息子、速いんです。
とは言っても幼稚園で速くても、ずっと速いとは限らないですが、今の時点ではうれしい。
初めの年は8位、2年目は5位くらいかな。そしてなんと!去年は1位だったんですね。
だもんで、我が家はもうこのマラソン大会ではかなりの盛り上がりです。
娘は速くないのですが、息子の速いのに刺激されて、前のマラソン大会では結果はともかくやる気を出してくれて良い効果がでました。
マラソン大会の当日も家族みんながマラソン大会に注目してて、もはや我が家ではオリンピック並みの盛り上がりよう。ははは。
まぁ、そんな期待を背負って走った息子ですが・・・・
2位でした。
まぁ、充分なんですが。
ただ、戻ってくるとき1位だった子は涼しい顔だったのに対して、うちの息子ったらへろへろで。
もうこれは体力をつけさせなきゃ!と固く誓ってしまったたたみさんです。

最後は参観日。
子供がテーマごとに書いたものを当てるというもの。
息子は「家族で一番好きな人」でした。
5人の子供のうち、
「まま」2人
「おとうさん、おかあさん、おばあさん」
「おかあさん、おねえちゃん」
「おかあさん」
でした。
間違いなく「まま」と確信しましたが、全く同じで悩みました。
何となく選ぶと、あたりだったようで良かったわ。
その日、幼稚園最後の参観日と言うことで、たまたま休みのうちのおやじも参観に来てました。
が、すねて帰っちゃいました。ははは。
仕方ないですよね。
やっぱ母が一番じゃなきゃ育てている甲斐はないわ〜


卒園式は17日。
もうすぐ幼稚園生活ともさよならです。
息子の健やかな成長を願って!
posted by: tatami | 子どものこと | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ルミナリエ
関西ではおなかと嘔吐に来る風邪が流行っているそうです。
我が家も2人の子供達も下痢気味です。
昨日はスイミングでしたがお休みしました。
ですが、2人はとっても元気なので新築して遊びに来てといわれていたお友達の家にでも遊びに行こうかと携帯するとルミナリエに行くというので我が家も行きたくなって行きました。

ちょうど朝に旦那と9日から神戸ではじまっているから今夜辺り行こうか?と話してました。
寒いといっても今年はまだましですよね。

5時に阪神電鉄の元町で旦那と待ち合わせしました。
友達は今からすき焼き食べてルミナリエに行くとメールが来ました。
そのお店は三宮では結構な値段なのでボーナス入ったな?なんて思いながら、たたみさん達家族は列に並びました。5時15分くらいです。
それからずーっと並びながら歩いてルミナリエにたどり着いたのはなんと6時15分・・・・。
元町から三宮までの距離なんですけどね。
昨日は9日から始まって初の週末で人が多かったです。
でも綺麗だったデス。
200512101829000.jpg

その後、電車に乗り新在家で旦那の仕事の車に乗り換え、西宮のラーメン屋さんで食事して帰りました。
食事中またも友達からメールで「いま電車乗った」だって!
うーん。ご飯食べてみた方が早かったか!

疲れました楽しい

posted by: tatami | 子どものこと | 10:41 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
男の子のしつけ?
昨日息子の体操教室でした。
体育館での体操教室の間中たたみさんはたまごっちで遊んだり読書して待っています。
子供を見守ってはいません。はは。
うちの息子は体操教室が気に入っているので、面倒でも何とか連れてきていると言う状態ですね。

昨日は体操が終わるとクラスのお友だちと仲良く体育館から出てきました。
ほほえましく思っていましたが・・・。

たたみさんは来るときもぎりぎりですが、帰るのも早いです。
この教室では知った顔はいないのですばやいです。
昨日は帰ろうと自転車を押すと呼び止められました。
先ほど、息子と楽しそうにしていたクラスのお友だちのお母さんです。
そのお母さんがおっしゃるのには
おかあさん「体操を見てましたか?」
たたみ「いいえ、あまり。」
おかあさん「息子さんとうちの子がふざけていたと思うのですが、そちらの息子さんが押すのが強くて危ないのでちょっと・・・」
たたみ「・・・・・」は?←心の中
気をとりなおして
たたみ息子に「あまりお友だちを強く押したらあかんで。やさしくな。」
たたみおかあさんに「今息子にも言っときましたんで気をつけると思います。では失礼します」

皆さんはこんな状況ではどうします?

たたみさんはちょっとむっ!と来たんですね。
だいたいけがしてるわけでもなく悪気があったわけでもなく、楽しそうに教室から2人で出てきたのに一体息子にどう言えというんでしょう!
息子だってわけ分からないでしょう。
その時点で強く押さないで!というしかないのではないのでしょうか!
男の子をもつ親なら誰でも覚えがあるはずですよね。
だいたいの男の子の親は人に怪我させないか、我が子が怪我させないかというのはいつも思っていることだと思います。
特にうちの息子はおとなしい部類ではありませんし。
なので私も息子にはふざけてるときも、強くやりすぎたらあかんで。と日ごろからいいきかせてます。
でも今は年長で成長段階にあり、力を調節するということは難しいですよね。
そうゆうことも踏まえたとしても、体操教室で起こることを親の私でさえも介入できるはずもなく、気をつけて欲しいなら先生に言うべきではないかなぁ。
まぁ、普通は言わないと思うけど・・・・。
個人的に行った公園なんかで起こったことならこれまた、対応はちがうとおもいますけど。

何だかとっても気分が悪かったです。
このお母さんは私にあやまってほしかったのかなぁ?
でもこんなことで息子を怒れないし、謝れないですね。

皆さんどう思います?
率直なご意見お聞かせくださいね。


posted by: tatami | 子どものこと | 21:31 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
またまた・・・
ござるっち弁当です。
娘の社会見学でした。
お菓子工場に見学に行くようです。

本日はダブルで・・・


しゃけ、玉子焼き、ブロッコリー、缶詰のみかんです。
ござるっちをするとおかずが少なくてもOKみたいデス。
posted by: tatami | 子どものこと | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
手作りおやつ  2
うちの子たちクレープが好きです。
大型スーパーのクレープやさんなんかで必ず食べてます。
2人とも何故か中身が生クリームのみのしか食べないのですよね。
そんなクレープはなくて、チョコレートのトッピングをわざわざ取ってもらうのですが値段は変わらないのですよね。
かなり損な感じです。

それで我が家にはクレープ作るおもちゃがあります。
結構ちゃんと焼けておいしいのです。
でもセットもかたづけもが面倒だし、フライパンで焼きました。
生地をお玉ですくってフライパンに乗せフライパンを回しながら均等に丸く生地が流れるように手早くすればOK。

中身は子供のは生クリームのみです。
写真は私のおやつでチョコレートのトッピングしました。
バナナやいちごを入れてもおいしいと思います。

ちなみにクレープは冷凍できるので、余ったら次回のおやつに出来ます。



材料は
小麦粉90g
たまご2個
牛乳1cup
砂糖10g
溶かしバター大さじ1と1/2
混ぜるだけです。
posted by: tatami | 子どものこと | 07:09 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |